一物二価の流れ





9月の渡米時、オープンしたてのアマゾン書店

に出かけた。ここは、サンフランシスコでも

第1号店のようだ。

 

見た目は、普通の本屋さんだが、もちろん

日本語の本はない。

 

本以外にも、スピーカーやらウェアラブルのような

商品も並んでおり、アマゾンらしい。

 

驚いたのは、価格だ。

どの本にも、値段が書いていない。

近くにある端末のような画面にかざすと、

値段が出る仕組みなのだが、プライム会員

かどうかで、倍近く値段が違うのだ。

 

つまり、本の価格が、顧客によって

変わるということを示している。

 

アマゾンは、確かオーガニック小売の

Wholefoods market を買収したはずなので、

来年あたりは、そういう店でも、一物二価

が実現してしまうのではないだろうか。

 

 


 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS