好きなことばかりやっても

若い社会人は、その強みを活かして
いくことは定石であり、異論はない
だろう。


だけど、この「強みを活かす」
人材育成論には大きな欠点がある。



一定レベルで、伸びが止まるのだ。


それは、欠点や弱みを克服して
きた人に備わっている経験の
深さあるいは凄さと言っても良い。


スポーツ選手が、一流になるために
Necessary loss が必要だと言われるが、
精神性において、同じことでは
ないだろうか。


強みを活かしつつ、本気で育てる
子には、痛い思いをさせて、伴走する
必要がある。



だからこそ、人材育成は大変なのだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS