「なぜですか?」は無礼かも

書店のビジネス書コーナーに行けば、

目に付くのは

 

「XXは何故○○なのか?」

 

みたいなタイトルの本ばかりだ。

 

(そういえば、そんな本を私自身が書いたことも

 あったっけ)

 

これは、世の中が思考停止状態になってきて、

すぐに答えをほしがり、タイトルから、期待

して読むが、答えが見つからずに、本が益々

売れなくなってきている、ということだろう。

 

例えば、採用セミナーや懇親会などで、

「樋口さんは、なぜ創業したのですか?」

と会社員の方々によく訊かれる。

 

会社に所属することが前提の人から

みたら、リスクばかりで勝算のない

僕の生き方は不思議かもしれないけど、

「やりたいことをやっているだけ、

ほっといてほしい!」というのが本音だ。

 

この「やりたいことの違い」を理解せずに、

自分の常識だけで、「なぜ?」と聞いて

くるのは、ある種の言葉の暴力ではないか?

なんてオーバーだけど、時々そう思う。

 

きっと知性ある人であれば、こんな風に

訊いて来るだろう。

 

ーご両親は、商売ですか?会社員ですか?

-どんな本を読んでどこにおもしろさを

 感じますか?

ー経営の世界の醍醐味はなにですか?

 

こんなやりとりは、フェアであり、

知的で素敵だと思うのだが。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS