昨日の続き ① 西欧のコピー

落合さんは「欧米」という造語の否定から

入り、日本歴史の不勉強から、「西欧」を

かっこいいもの、未来のあるべきものとして

盲目的に取り入れる日本への警笛を鳴らしている。

 

これは、凄く痛かった。

僕の本性は、米国追随主義であり、強いもの

への憧れがあり、個人主義がまさに大切だ、

と思って生きてきたからだ。

 

だがしかし、この数年日本や世界の歴史を

じっくり学んでみて、世界各地へでかけて

見る中で、「本当にそうかな?」

という疑問を強く持つようになった。

 

そのモヤモヤしているときに、この

本と出合ったのは、凄いラッキーだと思う。

 

僕は、これから、こんな概念(言葉)を

一度疑いながら考えていきたいと思う。

 

・ワークライフバランス

・ダイバーシティ

・個人主義と民主主義

 

本の詳細はこちら

日本再興戦略(落合陽一)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS