節義

この言葉は、燃えよ剣(司馬遼太郎
文春文庫)
の中で、土方歳三が、
病床の沖田総司に語った言葉だ。


時代が沸騰する幕末期において、
新選組という存在は、幕府の走狗
として時代に抵抗し、新しい時代の
リーダーを次々に殺害した殺戮集団
である。


徳川慶喜の恭順施策においては、
その存在を上司である幕府からも
疎んざれている。


だがしかし、土方歳三だけは、
政治思想を持たず、軍隊組織の
構築と戦争の勝利だけに没頭した。




坂本龍馬も
西郷隆盛も
勝海舟もいいが、
ただの喧嘩屋が主人公である この物語をもう10数回読んで
きたのは、恐らく、いくつになっても、

「節義」に生きる歳三に
本当の男らしさを感じる
からだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS