上半期折返し

上半期が終わったら、一度冷静にかつ客観的にチームの存在意義を問う事が振返りの始まりだ。

ー 誰が顧客で何を期待されているのか?
ーこのチームは半分の人数で今の仕事を出来ないものか?
ー自分やメンバーは仕事を楽しめているのか?

目標数字を達成して喜んでいるようでは、未来がないだろう。

半年後を一生懸命に予測して発生しうる問題も予測して今手を打つことが振返りの目的である。

未来を見ようとしない者には、未来のキャリアも厳しいと思う。

振返りは、組織の上長の指示で行われるシステムではなく、一人一人のエンゲージメントが強く発揮されなければならない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS