必死になる

無我夢中とか必死になる、と言うことは、とても大事だと思う。

そうした経験を経て人は成長するようにできている。

特に社会に出た子達が、こういう経験無しに歳を重ねたり、転職したりする事は、人財の喪失に近い。

昔と違って目標を明確にしたり、意義を理解させたり、キャリア上の必要性を感じさせる事は大事だろう。

だけども、苦労して採用した彼らを本気で育てるのであれば、彼らのために、こうした負荷をかける事を恐れてはいけない。

愛情と執念があれば、ブラック企業とは言われない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS