市場の潮目

先週のニュースだが、日本電産が9年ぶりに減収となったようだ。

 

年末の中国の急ブレーキの話は、来日したパートナーからも聞いていたが、モーターを主力商品とする日本電産の業績悪化は、市場の潮目が変わった証だと思う。

 

私たちの業界も、大手メディアは、昨年実績を割ったと聞いているし、人材紹介ビジネスも、過当競争で、ビジネスとしては、もう伸びないだろう。

 

当たり前のことだが、バブルが終わって、若ければ(給与が安ければ)転職できる時代が終わり、人材の本質が問われる時代に戻るのだと思う。

 

私たちも、顧客のインサイトに寄り添っていかなければ、あっという間に、絶滅してしまうだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS