白い巨塔と不毛地帯から

映画も舞台も凡そお芝居というものには、無縁だが、山崎豊子さん原作で唐沢寿明さん主演の白い巨塔と不毛地帯は、珍しくDVDも買って何度かじっくりと観ることがある。

骨太の原作から、骨太の台詞が現代に生きてくる。

「才あるものは、それを活かす義務がある。」

この台詞は、白い巨塔の最終回で主人公の遺言にでてくるのだが、これはと言う応募者を口説く時に使うことがある。

勇退の仕方、去り際の美学は、主人公が現役社長の退任を迫り、自らが辞表を出すシーンで何度観ても感激する。

自分の去り際を如何に汚さずにできるか、いつも考えている。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS