事業計画つくり

今年の6月から始まる来期の予算編成がほぼ決まった。

 

中小企業の割には、早い段階で計画を作るのには理由がある。

 

一つは、当社事業の場合、営業のリードタイムが長いので、6月からの売上には、3月に営業を始める必要があることだ。

 

もう一つは、この4年、事業計画つくりに役員やマネージャを参加させることで、マネジメントチームつくりをしてきた。これを加速させたいというわけだ。

 

方針と戦略から始まり、役員の組織分担、遂行方法、そして売上や収益方法と主な人事までが2月中決済の目標であり、ほぼ予定通りである。

 

今週の経営合宿で、20数名のリーダーが集い、解決すべき課題を話し合うのが次のステップ。

 

その後、課題と解決方法のつめ、そして、個別の人事異動の検討を3月に行う。

 

hpで教わった経営のローリングシステムがかなり定着してきたな、と思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS