満足度の沸点

現状をどう評価するかはもちろん人によって違う。

 

楽観的な人もいれば、いつも愚痴る人もいるし、気分次第でコロコロ変わる人もいるだろう。

 

職場を明るくし、スタッフの心の支えになる人は、間違いなく前者である。

 

彼らは、自分と環境を客観視する力が優れているので、自ら選んだ場で起こる毎日に対して、ポジティブになれる。

 

どんな職場でも、こういうスタッフが一定数いないと暗くて仕方ない。

 

さて、当社の社員には、信じてもらえないだろうが、僕もポジティブ派である。

 

そうでないと、マネジメントの世界はやってられない。(仕事のほとんどが問題解決であり、心配と安心のくり返しの毎日である。)

 

楽観的に加えて、一方で、現状に満足しない能力を備えたスタッフは、将来が楽しみである。

 

これは、グチや文句とは違い、「こうあるべきだ」という信念があるから生まれてくる思いなのだ。

 

これは、キャリアの熟練とは関係なく、若いスタッフでも持っているヒトはもっている、僕らには、それが良く見えるので、大事に育てていくことが何より大切になる。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS