パソコンは隠れ蓑

新入社員も仮配属されたオフィスを見渡せば、ほぼ全員が背中を丸めて、怖い顔でPCと向き合っている。

異様である。

情報がIT化されたのだから、昔紙と格闘していた業務は、まあわかる。

だがしかし、総合職スタッフの仕事の中心は、「コミュニケーションと思考」のはずだ。

大声で電話していたり、隣のスタッフと議論している一部のスタッフは、数字を稼いでいる優秀なスタッフだ。

ほとんどの子は、会議というとパソコン抱えて会議室に向かう。何と形式的な仕事だろう。

思考業務、コミュニケーション業務。本来この二つの業務中の表情は口を開けてボンヤリしているか、知恵と根拠の交換というコミュニケーションで前頭葉がよく動き、明るい表情のはずだ。

故に、僕は、パソコン前に齧り付く子は、頭を使えず暗い子なんだと思う。

最近は、会議の場にもPCを持ち込み、顔を上げない子もいる、カチャカチャとキーボードを叩く音が煩くて追い出したくなる。

PCもMSツールも思考業務の隠れ蓑である。

勇気を持って、紙と鉛筆で1時間考え抜く訓練も必要かもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS