自分のプライドを認めること

謙虚な日本社会で自らの自尊心と戦う事は大変だ。

結果として満たされた時だけ喜べるこの自尊心。

だがしかし、いつまでもこのことに背を向けていても仕方ない。

気がついたら枯れた老人になって、過去を懐かしむだけになってしまう。

若い時間を無駄にしないためには、自分の自尊心を認めてしまうことだ。

できれば、それを正直に話せる仲間がいれば更に良い。

戦うより、取り込む。

開き直りではなく、自分を認めてあげて、無駄な反省をしない、肩のチカラを抜くようなそんな生き方の方が良いかもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS