信長を語る

幼少の頃から特異なキャラクターで母親や親族それに父親以外の幹部からも見放されていた。

その才を見抜いた父親と一部幹部の支援で頭角を表し、強運と武才で出世していく。


天下統一の過程で彼は、組織力と人材の活かし方を徹底的に考える。

今では、よく言われる「2:6:2」の現象を、その戦略システムに位置付け、カリスマ性と権限と畏怖政治で強固な軍隊組織を創り上げる。

そして、最後はその権力への執着と自己統制の弱さ、そして、このシステムの中で死んでいく。

当社には、熊本以外にも九州男児が多く、保守的な面々である。

彼らに分厚いこの本を読んでもらって、酒でも飲みながら語り合いたいと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS