とめどなく囁く(桐野夏生)

この小説は凄い。

主人公は41歳の女性、主人が、海上で忽然と行方不明になり、見つからず7年後72歳の資産家と再婚し、伊豆葉山の高級住宅街に住んでいると言うところから、物語は始まる。

彼女を取り巻く、家族や友人達の個性がとても強い味付けになっており、読み手は引き込まれる。

既に数人の女性に勧めたが、例外なく夢中に一気読みしたと言う。


そうだろうなあ。

桐野夏生さんの著作は出ると直ぐに買い求めるのだが、その中でも最高レベルの力作だと思う。

同時に、単純で鈍感なおっさん代表として、密かに感じることも多々あった。

平成最後の本として強くオススメします。

 

本の詳細はこちら

とめどなく囁く(桐野夏生)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS