人材獲得競争の現実

これは、小耳にはさんだ程度の話なのだが、ここでご紹介。

大手飲食業の幹部が言うには、ベンダーマシンなどへの配達員の離職が止まらず、大問題だという。

よく調べてみると、宅配業に流れているらしい。しかも、配達の現場で勧誘されるらしい。

酷い話だと思う反面、部外者の気軽な立場では、採用コストパフォーマンスの高い利口なやり方だと感心してしまった。

もしかすると、勧誘する側のドライバーには、採用インセンティブでもあるのかもしれない。

そこまで、人材不足だということなのだろうが、運送を業務とするビジネスにおいては、ノンビリ経営できる時代は終わったと考えるべきだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS