慣性の法則

新卒一括採用というシステムが企業採用のメインストリームであるということが、グローバルに見れば、とても不思議なことではあるが、わからないでもないので、これからも、有る程度「慣性の法則」という奴でずるずると続くだろう。

 

そしてその対象は、決められた仕組みで動くことしかできない平均的な学生と、このシステムが優位に働く人気企業に支えられるはずだ。

 

そもそも、企業が、経団連ルールを守らないのは、平均的な学生の採用ではなく、「優秀層」の奪い合いが目的である。

 

だから、学生のトップエリートは、この「慣性の法則」に逆らって、動き出すと思う。

 

ということは、複数のプロセスで学生の奪い合いが起こるということで、市場性から考えて、これは、とても良い仕組みなのではないか、と思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS