組織は生き物である

「コミュニケーション」という仕事は、マネジメントの中でも大変難しい。

僕の考えでは、知識の習得は、個人の時間でやるべきで、人を巻き込むのは、時間泥棒だと思う。

次に、情報の共有化や伝達はIT技術が発達した今、共有の目的を明確にして行うべきで、従来の半分の時間で良い。

顔を合わせる会議は、それが個々人ひいてはチームのパフォーマンスにプラスにならなければならない。

そうでない会議を強いる上司は無能で、やはり時間泥棒と言われても仕方ない。

一方、チームワークやモチベーションというようなアナログで、流動的なものは、定期的に飲み会などオフサイトで腹を割って話し合った方が良い。

しかも時間を気にせずとことんやった方が良い。

こういうコミュニケーションは効率化とは無縁である。

恐らく、成熟したマネジメントは、この両極端なコミュニケーション手法を駆使して良いパフォーマンスを生み出しているのだと思う。

組織は無駄を嫌うが、感情的で好き嫌いに支配されている生き物である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS