知的生き方教室(中原昌也)

まともなストーリーなど無いこの小説だが、妙に惹きつけられて一晩で読んでしまった。

皮肉たっぷりと言うかあえて知性を見せず、笑わせてもらいながら、読んでしまう様な不思議な小説?

普段だったら、絶対手にとらないだろう。

 

こんな本を深夜に読むなんて、これまた、箱根本箱の為せる技か?

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS