面従腹背(前川喜平)

加計学園の問題で有名になった文部省次官だった、あの前川喜平さんの著作。

出版社は、毎日新聞。やはり、箱根本箱で見つけた。

組織の論理というものがあり、自分の意思を殺して、組織で生きる、なんてことはこの私には絶対出来ない事だから、リアルな意味で、面従腹背とは何か?

僕には理解できない。

この時点で、世の中のエリートと単純な自分を比べて、溜息が出てしまうが、何のために働くのか、よく分からなかったけど多くの役人が、こういう人生の上で国を支えているのだとしたら、何とも言えない気持ちになった。

僕は、前川喜平さんの言動が好きだし、自分では出来ない仕事をしてきた人として尊敬する次第である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS