傲慢と善良(辻村深月)

辻村深月さんの小説も好きだ。

繊細な描写に引き込まれ、一方で、大胆な展開に夢中になる。

前作の「かがみの孤城」も見事だったけど、本作も素晴らしい。


人間の保守性や、所属欲求をどちらかというと馬鹿にしていた僕も、考えさせられた一冊。

テーマは、僕の勝手な解釈だけど、「依存と自立」ではないかな。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS