変革への挑戦者達





今日のプログラムの朝イチは、SAP坪田さん。

ワンルームの家賃が40万円、そして毎年9%上がる。一戸建は、3億以上が平均。

白人は半分以下で全米でホームレスが一番多い。

安定には程遠いここシリコンバレーで、強烈なイノベーションを図るドイツの老舗メーカーSAP。

世界トップ20時価総額の企業年齢は、19年。

SAPは、3.2兆円の売上、10万人、社歴47年 の老舗。

彼等が何故シリコンバレーに高コスト最先端研究所を置くのか?

それが今日の勉強のテーマである。

私達の既存事業はいわば送りバント。


こういう会社がホームランバッターを雇えない。

米国VCの成功率は5%、それが収益の60%で成立するビジネス。

彼等の投資判断は、「人」。事業計画などの数字はウソつけるから見ないらしい。

現在の事業部トップは、40歳未満。

インターンシップとエリート教育費用を毎年200億円かけ実現したらしい。


彼等は、 既存事業の送りバントチームで新規事業のホームランバッターは生まれないので、ドイツを離れてシリコンバレーに来た。

しかもそのリーダーは創業者で既存事業を作ってきた責任者で、会社全体を本気にさせた。

そこで学んだことを既存事業にフィードバックした事が成功要因。


既存事業は社員の同質性が大事。一方で新規事業はやはり多様性が必須??

そして新規事業はデザイン思考式で顧客思考+不完全な商品を出し続けることが大事。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS