すぐ死ぬんだから(内館牧子)

内館牧子さんの小説は、
ゲラゲラ笑いながら、
鋭い一言にハッとしながら
1日で読めてしまう。


前作の「終わった人」は、
定年退職した男性の物語だけど
今回は、78際のオシャレな女性。


終わった人 は舘ひろしさん
だったけど、この本は誰が
演じるのだろう?
と思いながら楽しく読める。


主人公 忍ハナ の 心の声が
面白い。


加齢に抵抗を試みる
平凡な女性のストーリー
だけど、一方でとてもリアルで

「こんなものなのだろうなあ」


と思いながら、


「加齢とセルフネグレクト」


を考えさせられる一冊。



当社の女性スタッフは、
若いが、是非読んで、母親に
プレゼントするのも良いかも
しれない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS