死刑にいたる病(櫛木理宇)

親の躾やネグレクトを
テーマにしたこの強烈な小説は
初っ端から読者を引きつけて
話さない。



人間という動物の弱さを
強烈に悟らされるような
すごい作品だと思う。




僕にとっては、一般的には
「カリスマ性」
と呼ばれる「人の支配」
がテーマだったように思う。


あちこちで、オススメの声を
聞いて求めてみたが、2日で
読破してしまうような優れた
小説だったので、ここにご紹介。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS