ジコチュウの成れの果て

不祥事などでの記者会見を
見ていると、アホな経営者の
下で働く社員や職員あるいは
芸人は不幸だなと思う。


そこには、経営者の驕りが
見え隠れして、それは不勉強の
証だからだ。


一部の名創業者を除けば、
殆どのトップは、現場に乗って
いる状態であり、いわば社員代表
である。


今の成功は、世間や社員の
総力のおかげであり、
自分のチカラではない、という
単純な事がわからないのだろう。



きっと自己中の人間が上手く
出世するとこういうトップに
なるのだろう。


何故なら、彼らのモチベーション
は、権力そのものだからだ。


こういう人間が勉強する
わけはなく、組織は必然的に
腐っていく。



時代を超えて繰り返される
組織の悲劇か。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS