ケーキを切れない非行少年たち(宮口幸治)

話題のこの本を読んだ。


衝撃的な内容だったけれど
現場で働く著者の丁寧な記述に
「紙一重だなぁ」と思える過去の
事例を思い出さざるを得なかった。


家庭環境は大きい。
幼少期のイジメ被害が
犯罪の温床となる。
後先が考えられない。
認知機能が弱いと社会性も
かなり落ちるし、キレる
自分を制御もできない。


小学校2年生にシグナルが
出るケースが多い。



こんな学びをノートに
写しながら、私達の社会で
起きるちょっとしたトラブルも
紙一重だなぁと改めて思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS