私は本屋が好きでした(永江朗)

こんな本を置いていたのは
もちろん熊本の長崎書店。


そこにあったのも
面白そうだと手に取った。



業界に長い著者が、
出版社やライターや
編集者、取次などを構造的に
説明してくれて、テーマとしては、
所謂ヘイト本を扱っている。



しかし夢も希望もない
業界だなあと呆れてしまった。


良い書店が潰れるのも
肯ける。


ネットの威力にも
総崩れだろう。


それでも業界の抵抗勢力
というかここに紹介される
書店の話は面白い。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS