雪沼とその周辺(堀江敏幸)

今年の目標の一つは古典
をしっかり読むこと。
できれば純文学が良い。


堀江敏幸さんは、数々の
文学賞を受賞されている方
だけど、この作品が初めてだった。


誰かが言っていたけど、
純文学というのは、人の
人生を覗き見するようなもの
らしいが、確かに言える。


映画でも見ているように
主人公の人生がフラッシュバック
するのは優れた作品ゆえか。


各作品のタイトルにも
味がある。


僕は最初の作品の
スタンド・ドット
が好きだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS