民主主義の未来?

正月の新聞一面に、資本主義と
民主主義が危ない、中国の国家
資本主義は市場主義を上回る
効率性で、企業を管理して、
最先端技術への集中投資を行い
次世代への飛躍しようとしている


というような論説があった。



心情的にはわかるような
気もするし、米中貿易戦争も
それが主因と言われている。


だがしかし、
今私達が生きる時代は
生きづらい。
その根幹のシステムである
民主主義が万全には思えない。


事実として
安倍政権は約33%の投票率で
議席の6割を取得しており、
野党は、30 %の投票率で、
議席は僅か15 %である。


これでは国民の意思も反映されず
政権交代を目指して作った
小選挙区制度は機能している
とは言えない。


この不思議な事象は、
単に低投票率が原因である。



政権安定を望む
安倍政権は、きっと選挙の
度に30 代以下の人達が棄権して
くれることで低得票率が維持
される事を望んでいるだろう。



中国のような管理国家に
なって国家が個人情報や価値観
よりも圧倒的に上にくる国には
なりたくないけど、民主主義
という形態で、実質的に独裁制に
近い日本の

「民主主義」

を何としても守ろうと
思わないのはこの生きづらい
時代のせいなのかもしれない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS