荒ぶる

昨日の試合はワールドカップ
アイルランド戦を観ているよう
だった。あるいは、準決勝で
オールブラックスを負かした
イングランド戦か。



不利だという下馬評を
覆す準備、それも基本的な
ディフェンススキルが前半に
出て、その差が埋まらなかった
という試合だったように見えた。


最初の15 分でのディフェンスを
みて、明治の突破役であるロックや
NO8を悉く止めていたので、
いい勝負になりそうだ、と
思っていたけど、あのトライ
ラッシュは、明治のパニック
だったらしいけど驚いた。



五郎丸時代以来11年ぶりの優勝
そして早稲田大総長や森喜朗元首相らを
招いての祝賀会で、あの清宮さんも
OB会長の方も
もう歌えないのではないか
と言っていた

「荒ぶる」
日本一になれた時だけ歌える


この部歌の
大合唱に立ち合えたことは
一生のお土産である。



写真は就職支援させて
頂いた幸重君(大分舞鶴出身)と
柴田君(桐蔭学園出身)でそれぞれ
サントリーとキーエンスという
素晴らしい会社に内定が決まって
いるらしい。









プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS