アメリカという国

自国だけのローカルな習慣を
「世界は全てそうあるべきだ。」
と拡大解釈するのは、アメリカの

「病気」である。


そして、アメリカの属国である
日本は特に、その影響下にあり、
無批判に文化や仕組みを真似する
という意見には、強い自己反省を
込めて、そう思う。


僕がお世話になった
アメリカは、数十年前の
カリフォルニアだから、人種の
多様性におおらかだった。


だから、この世界がベストなんだ
と思考停止になって思い込む
のも仕方ないとも思う。


もし当時のアメリカが
今の中国のような国であれば、
そのような思考停止にはならなかった
だろうなあと思う。



いずれにしても、
日本の良さとダメな
所をちゃんと発信できる
ようにならなければいけない
と思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS