役割への真摯さ

偉業を成し遂げた人達に
共通するのは、


とことん自分のやりたい事を
磨いて、世間の声にもぶれずに
生きてきたか、


はたまた、与えられた仕事や
役割を天命だと思って、全う
したか、



そのどちらか若しくは
両方ではないか?


僕は後者に近いので、
役割に殉じるような
物語が好きだ。



ところで、
役割に徹するというのは、
最高の自己統制だと思う。


「自分は何のためにここに
 いるのか」は、企業で言う
 存在意義つまり、

 ミッションステートメント
 だが、それを常に自分に
 問いかけ、思考を課している人は
 少ない。


僕自身はよく考える。
今を一生懸命やるけども、
一方で、それを続ける事が組織を
腐らせるとも思う。


引き際は大事で、
人生の美学である。


自分の役割を毎日のように
考える人は、プロフェッショナル
だと言える。



そこからは最高レベルの
パフォーマンスが引き出される。

よく言われるが、 仕事は与えられる
ものではなく
取りに行くもの
あるいは自ら作るもの

という話と同じだと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS