幸福論(バートランド・ラッセル)

ラッセルは、イギリスの大哲学者で、
ベトナム反戦運動、
反核運動などでも知られており、
確かノーベル平和賞を受賞
したはずだ。


この作品は、90年前に書かれた
名著で、読むのを怯んでいたが、
意外に、優しく読めた。


現代社会での人間は動物のように
衣食住満たされても幸福になれない。


取り立てて不自由のない生活を
送る我々が満たされないのは
何故か?


このボンヤリとした
不幸の空気を分析していく
そんな内容である。


彼は最後にこの不幸の
元凶である
「退屈」の反対は、


「快楽」ではなく、


「興奮」である、


と説いている。



僕はこれに大層驚き
雷で撃たれたような
強い強い学びになった。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS