第3四半期

2月で第3四半期が終了して
いよいよ第4コーナーに突入だ。


12ー2月の第3四半期は、やはり
苦戦の連続だった。


中国事業は事実上営業停止
となり、殆どの研修プロジェクト
も延期か中止に追い込まれた。



一方で、基幹事業は盤石であり
寧ろ引き合いは増えているようだ。


結果ここまでの累積業績と
しては、昨年実績を大きく
超えて、増収増益を維持できて
いるのは安心材料である。


後は最後の四半期次第だ。




コロナ問題の先行きが
読めないが、気を引き締めて
行きたい。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS