ドーパミン

不確実なギャンブルや
先の展開を好む私達の性質は、


選択の連続である人生において、
結果のわからない選択を楽しめる
様に、ドーパミンという物質を
利用するようにできているらしい。



保守的とか慎重性が高いと
言われる私達日本人は、
ドーパミン要求量の低い
人が殆どで、逆にいうと
リスクテイカーは、1~5%
なのだという。


なるほど、そういうことか!


変化の時代だ??

と笛ふけど踊らずは、
当たり前の事なんだ!


確かに欧米には、
不確実な未来に対して
ワクワクする人が多い気がする
し、実行力もあるようだ。


こういう変化の時代の
日本人は、DNAレベルで
不利なのかもしれないな。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS