破局(遠野遥)

163回目の芥川賞受賞作


芥川賞作品は、読んでも
よくわからないことが多くて
あまり手に取らないのだけど、


著者が、28歳で、
ラグビー、筋トレなんか
が場面で使われるという
ことで、読んでみた。


学生さんの恋愛とセックス
中心の本だが、やっぱり僕には

これが芥川賞作品だということが
よくわからず、恐らく、自分の
文学センスの無さを実感した
だけで終わったようだ。



若い男の子はどう感じるのだろうか?
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS