検索の進化

検索と広告で一丁目一番地を
抑えたのが、Google


だがその後検索の多様化
というか解像度の違いで、
ネットの普及に伴い、マーケット
は変化してきた。



目的を持たずに検索する
という行動が一般化されて
yahoo JAPANはまさにそこを
抑えた。


通信回線の速度アップで
動画情報の検索が躍り出て、
YouTubeやクックパッド、


消費ではメルカリや楽天


コミュニケーションでは
Facebookやlineだろう。


目的を持たないこれらの
検索サービスを僕は殆ど使わない。


つまり、そういう行動習慣が
ないということで、年代感ギャップ
はまさにここにあるのだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS