時間を忘れて仕事に没頭する

若いメンバーと向き合うと
改めて感じるのは、


「没頭する経験の劣化」である。



就職活動の選考面接では、 皆んな頑張って
学生時代の頑張りを主張する
のは見ていて痛々しい程だが、
実際の仕事をやらせてみれば、
その経験の浅さが露呈する。


時代遅れで
大いなるお叱りを
覚悟で言えば、


入社して3年程度は、
時間を忘れて、目の前の仕事に
没頭して、夢中になれることが
一番幸せなことである。


何故ならば
この時期でその後の
キャリアの可能性が高いレベル
で決まるので、未来の人材育成
の為には、そうあるべきなのだ。


上司と本人のやるべき事は、

目の前の仕事だけを対象に、

没頭できる何かを見つけることだ。


当社の新入社員との
1on1で分かった事は
これが実行できている子は、
優秀で、更なる投資意欲を
掻き立てられる、と言う事。


またこれは

当社がどう言う学生を
採用するか、という指針も
見事に表していると思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS