絶望の国の幸せな若者たち(古市憲寿)

 20才代の約70%が、今の生活に満足し、同時に
不安を感じている、という。その満足度は30才代、
40才代よりも高い。

一方過去の満足度上昇局面は所謂不況の時が
多いそうだ、これはつまり、「今は不幸だけど、
将来はより幸せになれろうだろう」というような
「希望」が反映される部分があるらしい。
逆に、将来がない70歳代は、例年満足度が
高いのだそうだ。

こうしたデータの特性から若者の満足度を
「今日よりも明日がよくならない」から今を
楽しもうという答えと読むことができる。

第3章で展開する「崩壊する日本?」も
とても面白い。クニという意識がいつから
どういう目的で作られていったのか、その
後退局面が始まったという指摘など
今まで歴史を勉強していても知らずに
「あーそうなんだ」という気づきがあり、
「社会学」という学問にも興味がでてきた。

本の詳細はこちら
絶望の国の幸福な若者たち
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS