やりたいこととやるべきこと

 これは、仕事の位置づけ(人生における)に
よると思うが、まあ聞いてほしい。

20歳代は、この時代「心からやりたい」と
思う仕事か、「だんだん面白みを感じてきた」
仕事をやるべきだと思う。それ以外のことは
あまり考えずに、単純な選択肢で良いと思う。

でも、問題は、やりたいことを仕事としておこなう
ということは、同時に自分の付加価値を上げる、
ということが責任として伴う、という点だ。
言うまでもなく、付加価値とは、顧客がその対価
で証明するもので、大きな組織で毎年給与があが
っていく制度は幻である。(20歳代にこの経験をする
ことが最も危険な時代である)。

凡そ私たちの年代は、大きな変化のない中で
やるべき仕事を真面目に取組むことで、その
かけた時間が付加価値だと教えられてきた。

ところが、真実は、
やりたいことを追求し、同時に付加価値をあげる
ことでしか、プロフェッショナルには近づかない。

このふたつは両方とも、私たちは教わらなかった。
まさに時代の断層だと思う。この自由な選択を
個人ができる時代は、恐ろしい。こういう基本原理を
知らずして、選択をする人が多すぎる。
でも、彼らにアドバイス今のマネジメントは、
選択をして来なかった
(会社の言うことを素直に聞いてきた)人が
圧倒的に多いので、彼らにアドバイスする
術をしらないのだ。
キャリアをめぐって混沌とする時代だ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS