モチベーションというけれど

 会社に行くのが楽しい、と思っていただけるように
環境整備するのが経営者の一番の仕事である、
とhpwayで教わった。(過去完了)

独立創業後これをなんとかやろうと努力して発見がいっぱいある。

まず、モチベーションは誰にも共通する部分がある。
それは、所謂「やる気になる」という気持ちが続いている時だ。
出社は早いし、顔つきをみればすぐわかる。

その理由は、いろいろだが、良い機会、上司に恵まれたり
仕事の成果ででてきて自信を持ちだすときなどそうだろう。
誰にもありうるし、逆に永続きはしない、
他人依存型だから。

この上に、もうひとつモチベーションがあり、
これはもてない人の方が多い。
それは、「難しい仕事をやりきったことで得られる発見」に依存する。

「発見」できるかどうか、その喜びを人生の糧にできるかどうか、という話だ。
だからこれはMに限りなく近い。

これをもった人が社会や会社をリードしている事実がある。
向上心、というと難しい表現で誰にもありそうだが、
「発見」するまでの努力と意欲が前提なのだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS