講演活動(2)

 当社は人材不足で、セミナーの看板は
私がまだほとんどやっているという状況で、
多分年間にすると100日を越えているだろう。

いつもここに書いているように、奢らず、お役に
たてる情報提供を心がけているが、自分の勉強方法
とは違い(私は人の話を聞かないで、本からしか
学ばず、どうしても会いたければ、お願いして
会いに行くようにしている)、毎回不安を感じながら
やっている(その割には、偉そうに言い切るのだが)。

でも、経営トップから人事のご担当までを
対象に話をするのは、もう無理である。
毎回50名から100名以上の方がお出で
になり、その目的もレベルも違う。

そろそろ、講師とご参加者をセグメントする
段階だな、と思う。

今日も、ある協会に呼ばれてセミナー講師を
やったが、アンケートを見ると、本当にニーズが
多様化しており、一部の人には、申し訳ないなあ、
と思う。集客することは目的ではないので、
そこを忘れずに、良いセミナーを続けるように
したいものだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS