がぶ飲み力と執念深さ

 昨日ここで紹介した三井住友銀行の西川さん
ではないが、大きな仕事をやり遂げた人たちは、
1年中戦時中みたいなものだ。
物事が解決してすっきりする間もなく、
いつも目の前に大きな問題がある。

よく心が折れないものだと思う。
読んでいるだけで、胃液があがってくるようだ。

でも恐らくいつもこういう問題に囲まれている
解決屋さんには、仕事とは、こういうものだと
いう観念みたいのができてしまうのだろう。

望む成果に着実に進ませるような
そんな穏やかな日々はきっとないのだろう。

きっと、こういう人たちのモチベーションには
問題を解決してやりきった、と乾杯するよう
なものはなく、結果を恐れず、ひたすら
最後まであきらめることなく、執念深く
働く、というプロセスしかないのではないか。

一定レベル以上の人たちの要件は
このがぶ飲み力としつこさかもしれない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS