day5

ラスベガスでの最終日は午前中にまず
ネバダ州立大学に行き、カジノマネジメントの
教授の講義を受けた。話は面白く、不正顧客の
ビデオや実際のゲームを動かしたりするのは
予想以上に楽しく、予定以上の2時間も滞在
することになった。

初めての休憩らしいランチタイムを初めて
とって、最後の訪問先ザッポスへ。
セキュリティは厳しくなり、変化を感じたが、
オフィスツアーはいつもどおり。
そのあと、彼らの採用方法やカルチャー
マネジメントの話を聞き、噂のザッポスを
2時間たっぷりみれたことで、まあ皆さん
満足していただけただろう。

ただ、反省が一点、エージェント任せの通訳
のレベルが酷く、途中からは、もう我慢できず
自分で仕切り出してしまった。
いやあ、シリコンバレーでは拘ったこの
ポジションで穴を開けるとは!
本当に悔しかった。

夕方はレストランに集まり、全員で総括。
キーワードだけ私が話して後は全員から
ショートプレゼンしてもらった。
ワインと食事にマッチするスタイルでは
なかったけども、これで良かったと思う。
最後のインプットは、
仲間が何を感じたか?
である。

ちなみにプレゼンの内容は以下の三つ。
1 Value of the tour
2 Input form the tour
3 Output to your company

多くの参加者が、1 についてこのツアーを非常に高く
評価してくれた。ある社長がトライアンフでなくてはできない
ツアーだと言ってくれて嬉しかった。尊敬する増永さんが情熱を
感じた、と言ってくれたこともくすぐったかった。
視察先のアポを断られ続け、地獄までつきあってくれた
トップツアーの大倉さんや、連日食事も睡眠時間も削って即日
議事録を作ってくれたスタッフに感謝。

そして、1か月あまり久々にとことん皆さんのお役に立とうと
諦めずに粘ったこの仕事が参加者全員に評価していただき、
一スタッフとして久々の達成感を味わうことができた。

やっぱり仕事は、お客さんのために一生懸命やること
が本当に大切なことだと改めて思えた。

山ほど感じたインプットは、これからじっくり紹介
していきます。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS