なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?(田中裕輔)

一体僕が今の時代に就活生だったり、20才台だったら
何をしてどう生きるだろうか?
女の子を追いかけたり、スポーツしたりクルマに
給与のほとんどをつぎ込むだけではないだろう。
では何に燃えているか?

そんなことをよく思う。
この本もそういう思いで手に取った本だ。
この田中さんの話を何度か聞く機会があり、
またこの1年マッキンゼー関係の知り合いが
急に増えたので、興味をもって読んでみた。

僕が一番引かれたのは、生き急ぐ(働き急ぐ)
若者たちを引き付けるマッキンゼーの仕組みについてだ。

有名な up or out の単純なイメージで考えていたが、
思い込みはやぱり間違いが多いものだ。
優秀な人を引き付け続けるシステムはとても
参考になる、当社の事業にも活かせることが
いくつかあった。

もうひとつ。
仕事の魅力は実行して成果を共感することだ、
と確信した。だから、当社のコンサル&アウトソーシング
はやっぱりとても魅力的なビジネスモデルなんだ、と
自信をもったこと。

本の詳細はこちら
なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?(東洋経済新報社)
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS