武器としての交渉思考(瀧本哲史)

 瀧本さんは、「王様と家来モデル」と呼んでいる
トップダウンの組織運営が終わると言っている。
同感である。
国民としても、職業人としても、自分の頭で
考え、自己責任を持つ、という日本人にとっては
大変な時代になったのだと思う。

また彼は事業には「ロマンとソロバンが必要」で
両方ないのがダメ企業またはダメNPOだという
がこれもそうだろうなあ、と思う。

個人レベルで言えば、ロマンとソロバンの両立は
「高付加価値かどうか」とも言える。

若い人がこういうことを理解して交渉術を
習うことは大事だと思うので、ここで紹介。

本の詳細はこちら
武器としての交渉思考(講談社)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS