ベンチャーに既得権は無し

僕の友人は大多数が大きな組織に勤めている、
しかもトップか幹部というポジションだ。
彼らの話を聞いていると、既得権との戦い
というか政治活動に疲弊していることが多い。
ちなみにこれと戦わない奴らはあまり偉く
ならないようだ。
既得権を持つ人たちは、群をなして、自らに不利な
変化は命懸けで阻止するから、この人間の本質的な
インセンティブを理解していないと、大組織のリーダー
は勤まらないことになる。
つまり、お利口なエリートではダメなのだ。
これを器の差というか、リーダーとしての
学習意欲というかは別にして、リーダー選別の
際の大きなポイントであろう。

さて、同じ視点で見ると、中小企業やベンチャーの
経営はラクチンだと思う。リーダーが正しく変化の
方向性を示せば、なんとか潰れずにやっていける。
そこに抵抗勢力はいない、だって、社長の基本方針に
反対する事は会社を去る事だからだ。
このように見ていくと中小企業の成長の可能性は
トップの判断力とそれが鈍るまでに次世代リーダーが
育っているかどうかだということがよくわかる。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS