調査は必要か?

顧客の組織課題を分析する手法として、
全社員向けに大掛かりな意識調査などをやることが
あるのだが、これは本当に必要だろうか、と最近
考える。もちろんコストとの比較だが、経験上
まともな経営者であれば、結果報告を聞いて
驚くことはまずない。やっぱりね、ということが
検証させるという程度なのだ。

逆に、データが示すトップへの厳しい声を聞いて
感情的になるようでは、その後の対策に期待が
もてないというものだ。

ではどうすれば良いか?
これからの時代は、トップクラスだけを対象に
したインタビューのほうが有効だろう。
もちろんプロのインタビュアーが行う必要が
あろうが、彼らは自分の意見と、一般スタッフを
代表して、組織の声も語れる力があるからだ。

その際人選が大事だ、決してパフォーマンス
だけで選んではいけない。むしろその人の
伸び代と人間性と根性で選ぶと良いと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS