眠れる才能

一般論ではあるが、おっさんが支配する伝統ある
会社では、男の子は、牙を抜かれ、おじさま達から
上手に生きる術を教わるうちに、妙に良い子に
なったりする。もちろんそれで、組織が成長し、
収益が上がっていれば問題はない。

一方この手の会社に入った才能溢れる女性達は
会社で上手に生きる気もないし、誰も教えてくれない
から、その才能をいかされないまま、動機付けされずに
辞めていくことが多い。

だけども、変化の時代に、リーダーシップを発揮
できる人材は、下手に染まっていない女性のほうが有利だ。

「我が社はどうあるべきか」は常識と論理と愛車精神
から本当の良いアイデアがでてくるのだ。

そして、こうした女性を全然使いこなしていない会社が
実に多い。思い切って彼女達に任せて見たらどうだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS