トライアンフ(苦楽しい)

 よく社名について聞かれる。
クルマやバイク好きか、大それた英語と
僕のイメージのギャップからのものが多い。

その時、経緯と共にこの言葉を使って説明する
ようにしている。

「苦楽しい」という言葉は、遠藤周作さんが
河合隼雄さんとの対談の中で、小説を書くという
ことについての質問に答えた時に使った言葉だそうだ。

なんとも言えない重みのある言葉ではないか。
本気の仕事の本質を一言で表すとしたら
こんなにピッタリくる言葉も稀だろう。

人間は、苦しいだけのことはなかなか続かない。
でも、楽しいだけのことも意外に飽きてつまらなく
なってしまうものだ。

やはり本当の達成感というものは、苦労の
末にあるものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS